B級理学療法士の時間

理学療法士から見た社会や介護の今後、仕事について 趣味と実益を兼ねた投資・資産運用などなど

理学療法士

選挙に行かない若者が根本的に勘違いしていること

c66cd3d28a10e8c3b31615166325dbd7_s


もちろん自分も若者側のつもりで書いてます。
そして、特定の党や政治家の支持を呼びかけているわけではありません。


まわりで選挙に行かない人が結構います。
その理由を聞いてみると、もちろん「単に興味がないから」というのはありますが、それ以外に
「入れたいような党がない」
「入れたいような人がいない」
「行っても何も変わらないし意味がない」
と言われるんですね。

確かに今のところ若者や未来を見据えた政策というのはほとんどありません。
たまに若者や将来のことを考えたことを言うところがあっても、そういったところは逆に力がありません。
だから、どこにも投票するところがない、そう考えるのもわからないではありません。

しかし政治家もバカではありません。
誰が票を入れてくれるかをよくわかっていてやっているのです。
今は若い人よりも高齢者や組織票が多いから、どこも彼らにとって有利なことをいうのです。


政治家はどの世代がどれくらい投票に行っているかをしっかり分析しています。
ここで30代以下の人たち全員で選挙に行くとどうなるでしょう?
どこに投票してもいいですし、支持する党や政治家がいないなら白票で構いません。
むしろ今の政策ではだめだと意思表示するには白票の方がいいかもしれません。
30代以下が全員選挙にきた、そして大量の白票が入っていた。

それがわかれば大同小異どこの党も、どの政治家も若者向けの政策を打ちだしてきます。

それまではどこに投票しても変わらない、選べるところがない!といっていたのがどこも若者のことを言っている、どこに入れても変わらない!というくらいに変わります。

そう数は力なのです。まずはどこに投票するとか誰に投票するとかはどうでもいいのです。
ドズル・ザビも言っていますね「戦いは数だよ兄貴!」と。


それにより、今よりは将来に向けた政策が打ち出されることになります。もちろん高齢者はこれからもより増えるので、彼らが投票率を上げてくればかないません。しかし、高齢者も自分の子供や孫はかわいいものです。政策が変わったあと、自分の両親やおじいちゃんおばあちゃんに「自分たちの邪魔をしないでね、以前よりずいぶんよくなったんだから昔に戻さないようにしてね」とお願いしましょう。



だいたいあれですよ、あの残業月100時間までOKとか言う話し。
あれだって高齢者、いや、ここではあえて言わせてもらいますが、人を雇う側の経営者のじーさんどもが力を持ってるからあんなものが通るんですよ。
使われる側の若者があんなこと聞いて喜びます?月100時間ですよ、人間が死ぬ働き方です。
しかし、それを聞いても若者は行動しないからバカにされてるんですよ。若者の意見なんて取り入れなくても大丈夫だって。
若者が行動するって別にSEALsみたいに変なことする必要ないんです。ただ投票にいくだけでいいんです。

この話しにもし共感されれば次の選挙からまわりを巻き込んで白票でも入れに行ってください。小さい自治体ならよりインパクトがあるはずです。

クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上

UNI16040516IMG_0017_TP_V


理学療法士の投資・副業としてクロス取引をお勧めしていました。

理学療法士の将来に不安がある人へ 投資とか副業とか

2017年3月実際に行ったクロス取引での優待の利回りをまとめます。

今回取引した銘柄は以下のとおりです。

8848 レオパレス21                  58,795円  自社海外ホテル(グアム)無料宿泊券2枚
8697 日本取引所グループ  163,790円 クオカード3,000円
8566 リコーリース        371,264円 クオカード3,000円
8425 興銀リース             246,364円 図書カード3,000円
8081 カナデン               111,690円 クオカード1,000円
7937 ツツミ                  210,624円 クオカード2,000円
7510 たけびし               152,290円 クオカード1,500円 
7164 全国保障             394,764円 クオカード3,000円
6458 新晃工業              162,690円 カタログギフト3,000円相当
6238 フリュー                150,690円 クオカード2,000円 
6151 日東工器              262,264円 図書カード2,000円
1976 明星工業                66,695円 JCBギフトカード1,000円
1417 ミライトホールディングス          113,190円 クオカード1,000円

ということで現物総額2,465,110円分の株を購入です。
同じ分だけ信用取引で売り立てています。
このとき口座に300万円入れていましたが、信用取引の売りたては同じ資金でまかなえます。

ここで得た総額はクオカード、図書カード、JCBギフトカードといった、現金と同じように使える、もしくは換金性が高いものだけで22,500円となります。それプラス、カタログギフト3000円分とレオパレスのグアムでの無料宿泊券です。

自分はカブドットコム証券を利用していますが、この現物と信用の取引に掛かった手数料は5,425円です。
プラス信用取引の売りでは貸株料がかかります。今回すべての銘柄が一般信用の長期であったため年間1.5%です。

本来うまく権利付最終日に購入して権利落ち日に品渡で終了すればこの年利の2/365の額の支払いですむわけですが、この月は権利落ち日が水曜日であったため貸株料のコストが2日分余計にかかります。
これは株式売買の現金の受け渡しが3営業日後であるため水曜日の分が土日をまたいでしまうからです。

さらに銘柄によっては信用売りの在庫が少なくなってきたものがあったため、権利付最終日の2~3日前に売買していたものがあります。
計算が面倒なので全体で6日分掛かった扱いにして
2,465,110×0.015×6/365≒608円
となり手数料と合わせて6,033円のコストが掛かりました。

よって22,500-6,033=16,367円の利益です。
これを2,465,110で割るとおよそ0.00664となり3月だけで0.664%の利益を得られたことになります。
口座に入れた300万円を原資と考えるならおよそ0.546%です。
ここではカタログギフトとレオパレスは実際の価値がわかりにくいので省いていますが、それを加えると0.7%にはなるかと思います。
ともかく、ひと月、実質的には1週間ほどでこの利回りを得られるというのは今ならかなり魅力的ではないでしょうか?

3月決算の企業は特に多いため、どの月でも同じようにできるわけではありませんが、今なら年間でおよそ3%分の利回りを得ることが可能です。


また、うちでは奥さんにも同じようにやってもらっているため、実際にはさらに多くの優待をもらっています。

結婚されている方は資金にある程度余裕があるなら、クロス取引は夫婦で分けて行った方が有利な場合が多いです。それは大抵の銘柄において100株などの単元株での利回りが一番有利になっているためです。
2人で行えばより有利な銘柄を2倍取引できることになります。

ただ、この場合注意が必要なのは、あまり大きな金額を動かすと夫婦間でも贈与とみなされる可能性があるということです。

生活資金は贈与に当たらないので、生活費を夫婦それぞれでいくら受け渡ししようとも問題ないのですが、証券会社に入金したお金を生活資金というには無理があるでしょう。
そしてこれらのお金はマイナンバーで補足されると簡単に当局にわかってしまいます。
贈与税は110万円までは非課税のためそれ以下であれば問題はないですが、基本的にはお金の移動は自分の名義の中だけで行うように注意しましょう。


うちでも自分の口座には自分の稼ぎから、奥さんの口座には奥さんの稼ぎから入金するよう気を付けています。


信用取引は危険? それは完全に誤解です

UNI16040516IMG_0017_TP_V

自分自身理学療法士という本業を持ちながら資産運用をしています。


その中で利用しているもののひとつに信用取引があります。


これはある程度株式投資などを行っている人はわかっていると思いますが、信用取引自体が危険ということはありません。


どういうことかというと信用取引の口座を開設するとおよそ自己資金の3.3倍の額の取引ができるわけです。
たとえば自己資金が100万円あれば300万以上の株が買えてしまいます。
もちろん「売り」からも入ることができますが、この際それはおいておきます。

通常であれば100万円で買った株が会社が倒産して0円になったとしても、その100万円を失うだけです。
もちろんこれも痛手ですが、仮に100万円の自己資金を元に300万円分の株を買っていたとしたら、それが0円になった場合マイナス300万円となり持っていた100万円を失い、なおかつ200万円の借金を背負うことになります。
これが信用取引が危ないと言われる理由です。

そのため、自己資金の額と同額の取引を行う限りは通常の株式投資の値動きと同じ影響しか受けません。

ただし、株の価格と同額の自己資金を持っていたとしても、そのお金は保証金として証券会社に預け入れてあるだけで、株を買う場合は証券会社からお金を借りて株を買う、売りから入る場合は株を借りてきて売る、ということで、金利もしくは貸株料を支払うことになります。
これは年数%の額であり、短い日数の場合はさほど大きな影響は受けません。



このように使い方次第であり、信用取引自体は全く危険ということはありません。

自分のように副業としての資産運用を行うにあたって、信用取引を使ってほとんど考えることなく利益を取ることができます。利益自体は自己資金にもよりますが年間にして2~3%といったところでしょうか。

この程度では満足できない、もっと攻めていきたいという方にはお勧めしませんが、本業が他にあり、あまり投資先の選定に時間をかけたりリスクを取ったりすることができないという人にむいているやり方があります。それでも銀行預金よりはずいぶんよい収益を得られますからね。

もしくはそのやり方を、経済や金融を学ぶ取っ掛かりにするのもいいでしょう。
なかなか自分のお金を動かさないと真剣に学べないものです。


今後、信用取引を使ったクロス取引というものについて説明していきます。


スポンサードリンク
ブログランキングはじめました
応援いただけると嬉しいです!

理学療法ランキング
ギャラリー
  • 外国人家政婦が来日 外国人技能実習制度の介護の追加と合わせて考える
  • 選挙に行かない若者が根本的に勘違いしていること
  • 介護崩壊防止法案ってなんだ? 介護保険法改正案との違い
  • 投資や資産運用、副業を考える前に「一生お金に困らない生き方」
  • クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上
  • 外国人技能実習制度に介護が追加されるらしい
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
本業は理学療法士、資産運用をはじめて15年。現在ブログ運営に挑戦中。ブログビレッジに参加しました!