c66cd3d28a10e8c3b31615166325dbd7_s


もちろん自分も若者側のつもりで書いてます。
そして、特定の党や政治家の支持を呼びかけているわけではありません。


まわりで選挙に行かない人が結構います。
その理由を聞いてみると、もちろん「単に興味がないから」というのはありますが、それ以外に
「入れたいような党がない」
「入れたいような人がいない」
「行っても何も変わらないし意味がない」
と言われるんですね。

確かに今のところ若者や未来を見据えた政策というのはほとんどありません。
たまに若者や将来のことを考えたことを言うところがあっても、そういったところは逆に力がありません。
だから、どこにも投票するところがない、そう考えるのもわからないではありません。

しかし政治家もバカではありません。
誰が票を入れてくれるかをよくわかっていてやっているのです。
今は若い人よりも高齢者や組織票が多いから、どこも彼らにとって有利なことをいうのです。


政治家はどの世代がどれくらい投票に行っているかをしっかり分析しています。
ここで30代以下の人たち全員で選挙に行くとどうなるでしょう?
どこに投票してもいいですし、支持する党や政治家がいないなら白票で構いません。
むしろ今の政策ではだめだと意思表示するには白票の方がいいかもしれません。
30代以下が全員選挙にきた、そして大量の白票が入っていた。

それがわかれば大同小異どこの党も、どの政治家も若者向けの政策を打ちだしてきます。

それまではどこに投票しても変わらない、選べるところがない!といっていたのがどこも若者のことを言っている、どこに入れても変わらない!というくらいに変わります。

そう数は力なのです。まずはどこに投票するとか誰に投票するとかはどうでもいいのです。
ドズル・ザビも言っていますね「戦いは数だよ兄貴!」と。


それにより、今よりは将来に向けた政策が打ち出されることになります。もちろん高齢者はこれからもより増えるので、彼らが投票率を上げてくればかないません。しかし、高齢者も自分の子供や孫はかわいいものです。政策が変わったあと、自分の両親やおじいちゃんおばあちゃんに「自分たちの邪魔をしないでね、以前よりずいぶんよくなったんだから昔に戻さないようにしてね」とお願いしましょう。



だいたいあれですよ、あの残業月100時間までOKとか言う話し。
あれだって高齢者、いや、ここではあえて言わせてもらいますが、人を雇う側の経営者のじーさんどもが力を持ってるからあんなものが通るんですよ。
使われる側の若者があんなこと聞いて喜びます?月100時間ですよ、人間が死ぬ働き方です。
しかし、それを聞いても若者は行動しないからバカにされてるんですよ。若者の意見なんて取り入れなくても大丈夫だって。
若者が行動するって別にSEALsみたいに変なことする必要ないんです。ただ投票にいくだけでいいんです。

この話しにもし共感されれば次の選挙からまわりを巻き込んで白票でも入れに行ってください。小さい自治体ならよりインパクトがあるはずです。