UNI16040516IMG_0017_TP_V

自分自身理学療法士という本業を持ちながら資産運用をしています。


その中で利用しているもののひとつに信用取引があります。


これはある程度株式投資などを行っている人はわかっていると思いますが、信用取引自体が危険ということはありません。


どういうことかというと信用取引の口座を開設するとおよそ自己資金の3.3倍の額の取引ができるわけです。
たとえば自己資金が100万円あれば300万以上の株が買えてしまいます。
もちろん「売り」からも入ることができますが、この際それはおいておきます。

通常であれば100万円で買った株が会社が倒産して0円になったとしても、その100万円を失うだけです。
もちろんこれも痛手ですが、仮に100万円の自己資金を元に300万円分の株を買っていたとしたら、それが0円になった場合マイナス300万円となり持っていた100万円を失い、なおかつ200万円の借金を背負うことになります。
これが信用取引が危ないと言われる理由です。

そのため、自己資金の額と同額の取引を行う限りは通常の株式投資の値動きと同じ影響しか受けません。

ただし、株の価格と同額の自己資金を持っていたとしても、そのお金は保証金として証券会社に預け入れてあるだけで、株を買う場合は証券会社からお金を借りて株を買う、売りから入る場合は株を借りてきて売る、ということで、金利もしくは貸株料を支払うことになります。
これは年数%の額であり、短い日数の場合はさほど大きな影響は受けません。



このように使い方次第であり、信用取引自体は全く危険ということはありません。

自分のように副業としての資産運用を行うにあたって、信用取引を使ってほとんど考えることなく利益を取ることができます。利益自体は自己資金にもよりますが年間にして2~3%といったところでしょうか。

この程度では満足できない、もっと攻めていきたいという方にはお勧めしませんが、本業が他にあり、あまり投資先の選定に時間をかけたりリスクを取ったりすることができないという人にむいているやり方があります。それでも銀行預金よりはずいぶんよい収益を得られますからね。

もしくはそのやり方を、経済や金融を学ぶ取っ掛かりにするのもいいでしょう。
なかなか自分のお金を動かさないと真剣に学べないものです。


今後、信用取引を使ったクロス取引というものについて説明していきます。


スポンサードリンク