B級理学療法士の時間

理学療法士から見た社会や介護の今後、仕事について 趣味と実益を兼ねた投資・資産運用などなど

ブログ運営

読むだけで一歩踏み出せるブログ

YO150301340I9A0870_TP_V


タイトルは自分のブログのことではありません。


こっこさんのこの記事

【心を守れ】 こっこ式・批判/中傷撲滅法

を読んで浮かんできた言葉です。

僕自身がこないだから
数回にわたってネタ切れ防止コンサルということで
ネタ出しのために頭を揺さぶってもらいました。

そこのおかげで自分の書きたかったことに
気付いた矢先にこの記事です。
自分にとっては非常にタイムリーでした。



というのも、
無難な記事を書いてるなと
自分で自覚しているとき
そこにたいしたアクセスがないことに
残念ではあるものの
落ち込みはしませんでした。

しかし、ああ自分はほんとは
これを書きたかったんだな
人に伝えたかったんだな、
と自覚してからの
方がある意味書くことは「怖い」
わけです。

だってそれが自分という存在そのものだから。


自分内面から湧き出たものに
対して誹謗中傷を受けることを
想像すると怖いわけです。

もちろん今たいして読者はいないので
世の中の炎上騒ぎからの想像に過ぎません。


さらに、自分では
理学療法士としては変人の
つもりでした。

確かにネット上では
独立して起業している理学療法士や
ブログなどで発信している理学療法士が
いますが実際には圧倒的に少数派です。

大抵の理学療法士は
新人で病院に就職し
仕事時間外も理学療法関連の
研修やセミナーを受け、時には学会発表をし…と
理学療法のことだけ
学んでいれば立派な存在になれる
というようなスタンスです。

いや、本人はそこまで思っていなくても
仕事は仕事でもちろんやった上で
夜や休日に無給で研修などを受けるのを
当然だ!という病院や先輩上司が多いです。
それに慣れて結局数年後には後輩に同じことを
言うわけです。


そんな中理学療法一本でやることに疑問を抱き
他の収入源を得られないか?
と考え人と違う動きをしていた自分は
業界の変人であると同時に
かなり自由な発想ができているのだと
思っていました。

しかし、いざ動き出そうとすると
あったこともない炎上に怖れる気持ちが
あり、ああ「変人」じゃない
「凡人」だなあと思いました。

とはいえこれは卑下しているというわけでも
ありません。ブログのタイトルにB級理学療法士
などとつけているのも、僕自身は別に
単体で天才的な理学療法士だなどと思っていないからです。

そしてその本意は単体では超一流でなくとも
能力の組み合わせで世の中に十分打ち出して
いけると信じているからです。


そんな中
ちょっと怖れを感じかけていた
ブログで発信するということにおいて
誹謗中傷と戦う具体例を挙げてもらったのは
幸いでした。

自分があったこともない
炎上という大きい怪物が
結局弱いひとりひとりの
人間の寄せ集めに過ぎず、
それを各個撃破していけばいいだけだと
いうことが示されたからです。

そうなれば元々は発信したいことが
あるような人間です。

それでも残ってくる顔が見えるような
相手との議論であれば
どれだけ自分と反対の意見でも
怖れることはありません。

その上で最後にこの言葉です。

非があるところに賛がある

死刑囚に共鳴する人もいるように、どう考えても悪だとあなたが思うことにも、どこかに賛はあるのです。

否があるところに、賛が絶対あります。

だいじょうぶ。

誰かに酷いことを言われたら、ほっとしてだいじょうぶ。誰かがあなたを愛している証拠。




やってみようか、という気持ちになることができました。


美術で2ばかりとっていた自分がイラストを描き始めて気付いたこと

自画像2


ここ最近自分でプロフィール画像を描いたり
こっこさんにイラストを描いたりしていて
気付いたことがあります。
(画像は全く関係ありません)



美術で2をとっていたというのは
中学校のころの話しで、
そのころ絵を描くのがキライになりました。

なので高校では美術は選択していません。


で、なんでキライになったかというと
美術の先生が
「好きに描いてみろ」というから
好きに描いたら悪い評価を付けてくるわけです。

でもこちらとしたら数学みたいに
決まった答えもないのに
好きに描いて悪い点数付けられたら
「おいおい、これって答えなんてないんだから
先生の好き嫌いで勝手に決めてるだけじゃないか?」
と思ってました。

しかも自分は英数国なんかの
主要教科は4くらいは取れる方だったので
なおさらこの先生の方がおかしいんじゃないか?
と不信感が募っていました。

しかも中学生からみても
なんというか他の大人と違って
髪の毛ボサボサで普通の社会人は
できなさそうだな~と思うような先生だったんでね。

なんか副教科の先生に時々そういう人いません?


っと、それはともかく、それ以降
お前の絵はダメだと言われたわけだし
まあそうなのかな、とも思ってたわけです。



そんなわけで絵には苦手意識があり、
今回ブログを2週間ほど前に始めたんですけども
プロフィール画像も子供に頼んでたんですね。

自分で描こうとか思いもしなかった。

とはいえ子供は小学生なので
ちょっと注文したのとは違うな~と
(あたりまえ)

でも頼んどいて文句いうのも
それもまた違うなと。

そこで、こりゃダメ元で一回自分で描いてみるか!
となったわけです。

で、描いてみて奥さんに見せたらわりと
うまいとか言われるわけですよ。




でも、ここで気付いたのは
自分が思ったより絵がうまかった
とかやればできるんだなとか
いうことではありませんでした。



今回は自分のプロフィールに使いたいから
かなり本気で絵を描いてみたわけです。
しかもお世話になったこっこさんに
ちょっと描いてみて、と言われて
こちらももちろん本気で描きましたよ。



そこで中学の頃のことを考えると
全く本気で描いてなかったなと。



これは「好きにやっていい」
という言葉の自分の受け取り方の違いでした。

例えば今自分が後輩を指導するときに
「好きにしていいよ」
という言葉はそもそもやってもやらなくていいような
ことに対してしか言いません。

それ以外は
「このようにして欲しい」
とその手順を示すか
手順はまかせるが
「これこれのような仕上がりを求めている」
とその求める結果を明示します。


このように自分は「好きにしていい」=「どうでもいい」
ということだと思っていたようです。

思い返せば美術の授業では
「好きにしていい」と言われて

「ああ、どうでもいいのね。
とはいえ提出しないわけにはいかないよな
まっでも何でもいいんだよな」
というくらいの取り組み方でした。
なるほど、2がつくわけです。



先生の髪の毛ボサボサは関係ありませんでした。




いやあ、好きにしていいって、
「君の思うやり方で一所懸命やってね」
ってことだったんだなあと
20年以上もたって気付いたというかなりしょぼい
発見でした。



さて、しばらく脱線していましたが
明日からしばらく介護職向けの転倒予防のコツを
まとめてみようと思ってます。

自分の人生で人のためにイラストを描くなんて考えてもいなかった話

昨日の記事でも書きましたが、

いま
ネタ切れ防止コンサルこっこさんに
ネタ出し協力をしていただいてます。

その中で
「いやでなければ、わたしにもなんかイラスト描いてみていただけませんか?」
といってもらいました。

もちろん!
イヤなわけないじゃないですか!


ということで早速開始~
今回はこっこさんのブログの
プロフィール写真を参考にすることに。


いや、しかし、これ、案外難しいな…。
実際のとこ、PCでイラスト書くの





人生で2度目ですからね



口元だけで50回くらい直しましたよっと…




で完成したのがこちら!
こっこさん完成版




いやあ、途中色々考えたんですけどね
唇を上下とも書こうとして全然写真っぽい
雰囲気にならないなと↓

こっこさん試行錯誤


それなら口は一本で描いた方が雰囲気
が近くなるんじゃないかと思って変更。

そこからさらに、ちょっとにこっとした雰囲気に
なるのにどう線を引いたらいいんだと格闘。

しかもあたまで思い浮かべたとおりに
線が描けるわけでもないんですね~。

こりゃ描いてるうちに
これ!と思うのにあたるだろうと
とにかく何度も描く!
これでできあがりました。



いやあ、結構楽しかった。



ともかくこれで2次元こっこさん完成!




「良いじゃないか2D(にじげん)……」
「Dを一つ失う所から女は始まる」
~暗殺教室より~


ネタ切れ防止コンサルこっこさんのブログに取り上げてもらった!

GORIPAKU2069_TP_V

すごく独自の視点でおもしろいブログを書いてる人に
取り上げてもらえてめちゃくちゃうれしいと同時に
冷や汗がでました。

でも、せっかく書いてもらったので
ビビッてないで早速それを記事にしたいと思います。


ネタのスタンスなんて今完全に決めなくてよくないですか?ネタ切れ防止コンサルno.001

ネタ切れ防止コンサルというのは
ここ最近名乗られたようですが、
この昨日の記事

【ブロガー必読】なんでみんなネタ切れするの??

に対してコメントを一番に書き込んだという
縁でこのブログを分析してもらいました。



その中で

KTさんの思う「いい、時間の切り売り」とはなんですか?
理学療法士の傾向として、正当な報酬を得られていますか?それはなぜ?
理想の働き方に付いて語ってください。
プロレス好きなんですか?そして、それはなぜ?
キャッシュポイントってなんですか?
普段どんなツイートをご覧になりますか?
最近笑ったツイート5選お願いします
理学療法士的にためになったツイートありますか?なければ、なんでないのでしょう?
理学療法士ってTwitterによくいますか?いなければなんでいないのでしょう?
いいことを聞いたら即実行、最近なさったこと3選はなんですか?
資産運用、単純に気分的に楽しいですか?それはなぜ?
資産運用は何歳からスタートし、最初の利益はどのくらいでした?
本はどのように読まれるのですか?電子書籍とか。それはどうして?


これらの質問に答えることで記事にできるよ!
と教えてもらいました。
確かにこれに答えるだけでもいくつか記事が書けそうです。


ただね、昨日の記事を読んでからもずっと考えてたんです。
実はネタ自体はA4用紙に6枚くらいたまってるんです。
でもなんか書きにくいなあと。
でも今日の記事まで読んでふっとわかりました。

ネタの傾向やスタンスは後からついてくるのでは?

正しいブログ論はわかりませんが、ストレスなくネタを出し、数を打っていくと、記事の傾向と好まれ方の差は出てくるはずですよね。
それを最初から意図的にコントロールする意味あるのかな?と思うんですよ。

ストレスなく話したら何がどのくらい出てくるか??
それを見る人がどんなトピックで受け入れるか??
なんて、わからなくないですか?

あとからネタの傾向が付いてきたほうが、楽だと思います。
そんなに早く簡単に儲からないらしいですし、継続するには、楽でないと。


なんかね、ほんとはちょっと書いておきたいこと、
あったんですよね。
で、それって理学療法のことで
歩行や立位の介助方法について。

でも、これって介護職の人や理学療法士だったら
読むかもしれないけど、そうじゃない人が
見ても興味を持たないだろうと。
それに医療や介護について書いている人っていう色が付くのをいやがってました。

だって、自分としては理学療法自体は人生の一部であって
投資のことや子供のこと、趣味のことなども
書いていきたいと思ってたからです。


でもね、そうすると自分の一番の技を封印されている
ようなもんなんですね。


小橋健太がはじめからムーンサルトプレス封印したまま
試合するぞ!みたいな。それでおもしろいのかと。
青春の握りこぶしも見れないじゃないかと。


しかも色が付くって気にするのは

むしろ自分で自分らしさを消しに
かかってたわけです。
そりゃ力が出るわけがない。

なんというか、自分の感覚でいうと
無難なことまとめようとしてるなあ
と感じてました。


実際歩行介助の話って今まで
後輩にも指導したり
自分が研修会の講師をやったり
してるんで、それで2時間ほどしゃべりたおせる
くらいの内容があるんですよ。
それでもかなり中身削ってそれ。

ただ、研修会としてやる以上
しゃべりと実演に重きを置いていたので
そこでしゃべっていたようなことを
一度きっちり文章としてまとめたいなと思ってました。

でもそれだと上に書いたように色が出すぎる
というのに加えて、
「かなりの分量になるだろうし
いずれnoteにでもまとめるかな
有料コンテンツにできるかもしれんし」
などとケチなことも考えてました。

いや、すでに読者もいて
名前の売れてる人ならそれもいいけど
そもそも読者もいないのに
今ここで自分が一番かけるコンテンツ隠して
どうするんだと。

しかも何より、その研修会も
やるの楽しかったし、
自分としてはいい内容だと
思ってるんで発信したいんですよね。
楽しい気持ちがあるなら出したら
方がいいなと。


ということで
「人間のバランス能力がそもそもどのようにできているのか」
「立位・歩行の介助のコツ」
といったあたりをまとめていくことにしました。


もちろん、ヒントをいただいたことも
記事にしてみるつもりです。



あとこっこさんにイラストは必ず送ります。笑

Windowsのペイントでプロフィール画像を書いてみた

自画像

いやあ、絵なんて中学校の美術以来
全く書いたことなくてしかも2とか取ってた
レベルだったんで敬遠してたんです。

でも時々いかにも手書きなプロフィール画像とか
の人がいて、それがまた意外といい味出してるな~
とか思ってたんですね。


なので、まあともかくパソコンで絵を描く方法を調べてみたら
Windowsにはじめから入っているペイントで描ける
方法を教えてくれているサイトがありました。

マウスとペイントで絵を描くComments

[やってみよう] MS ペイントで PC マウスを使って絵を描いてみよう


特にひとつめのサイトなんてマウスを手でちょこちょこ
動かすんじゃなくって直線だけを使って絵を描きあげていました。
すごい!



ただ…すごいよすごいけど、

マネできないわ

あたりまえだけど
絵の描き方教えてくれてる人とか
そもそも絵が超うまい。


これは難しいということで
絵の雰囲気はお気に入りの
このサイトを参考にすることに決定。

警察官クビになってからブログ

この人の自画像がこちら

-cYF-1_O_400x400

これくらいなら自分にもいけるかもしれない!(失礼)
いやしかしこの人のブログはそれぞれの
記事に絵があってわかりやすいんですよね。
このタッチで臨場感あるというか。



ということで結局ペイントで
マウスで手描きにすることに決定!

ただ、上の参考サイトの2つめの
「ポインターの速度を遅くする」
だけは採用。

これだけで思った以上に描きやすくなりました。
それまでは線が思わないところに
いってたのがなくなりました。

それでできあがったのが冒頭の絵です。


自分としては会心のできでね
うまく描け過ぎてびっくりしましたよ。


いや、正直…








これ商品化できるんじゃない?
(おめでたい)




ということでこれからは自分の記事にも
手描きの絵を入れていこうと思ってます。

まあ時間がかかりすぎたらあきらめる
かもしれませんが





[追記]
メガネのフレームが片方なかった

自画像2

スポンサードリンク
ブログランキングはじめました
応援いただけると嬉しいです!

理学療法ランキング
ギャラリー
  • 外国人家政婦が来日 外国人技能実習制度の介護の追加と合わせて考える
  • 選挙に行かない若者が根本的に勘違いしていること
  • 介護崩壊防止法案ってなんだ? 介護保険法改正案との違い
  • 投資や資産運用、副業を考える前に「一生お金に困らない生き方」
  • クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上
  • 外国人技能実習制度に介護が追加されるらしい
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
本業は理学療法士、資産運用をはじめて15年。現在ブログ運営に挑戦中。ブログビレッジに参加しました!