GORIPAKU2069_TP_V

すごく独自の視点でおもしろいブログを書いてる人に
取り上げてもらえてめちゃくちゃうれしいと同時に
冷や汗がでました。

でも、せっかく書いてもらったので
ビビッてないで早速それを記事にしたいと思います。


ネタのスタンスなんて今完全に決めなくてよくないですか?ネタ切れ防止コンサルno.001

ネタ切れ防止コンサルというのは
ここ最近名乗られたようですが、
この昨日の記事

【ブロガー必読】なんでみんなネタ切れするの??

に対してコメントを一番に書き込んだという
縁でこのブログを分析してもらいました。



その中で

KTさんの思う「いい、時間の切り売り」とはなんですか?
理学療法士の傾向として、正当な報酬を得られていますか?それはなぜ?
理想の働き方に付いて語ってください。
プロレス好きなんですか?そして、それはなぜ?
キャッシュポイントってなんですか?
普段どんなツイートをご覧になりますか?
最近笑ったツイート5選お願いします
理学療法士的にためになったツイートありますか?なければ、なんでないのでしょう?
理学療法士ってTwitterによくいますか?いなければなんでいないのでしょう?
いいことを聞いたら即実行、最近なさったこと3選はなんですか?
資産運用、単純に気分的に楽しいですか?それはなぜ?
資産運用は何歳からスタートし、最初の利益はどのくらいでした?
本はどのように読まれるのですか?電子書籍とか。それはどうして?


これらの質問に答えることで記事にできるよ!
と教えてもらいました。
確かにこれに答えるだけでもいくつか記事が書けそうです。


ただね、昨日の記事を読んでからもずっと考えてたんです。
実はネタ自体はA4用紙に6枚くらいたまってるんです。
でもなんか書きにくいなあと。
でも今日の記事まで読んでふっとわかりました。

ネタの傾向やスタンスは後からついてくるのでは?

正しいブログ論はわかりませんが、ストレスなくネタを出し、数を打っていくと、記事の傾向と好まれ方の差は出てくるはずですよね。
それを最初から意図的にコントロールする意味あるのかな?と思うんですよ。

ストレスなく話したら何がどのくらい出てくるか??
それを見る人がどんなトピックで受け入れるか??
なんて、わからなくないですか?

あとからネタの傾向が付いてきたほうが、楽だと思います。
そんなに早く簡単に儲からないらしいですし、継続するには、楽でないと。


なんかね、ほんとはちょっと書いておきたいこと、
あったんですよね。
で、それって理学療法のことで
歩行や立位の介助方法について。

でも、これって介護職の人や理学療法士だったら
読むかもしれないけど、そうじゃない人が
見ても興味を持たないだろうと。
それに医療や介護について書いている人っていう色が付くのをいやがってました。

だって、自分としては理学療法自体は人生の一部であって
投資のことや子供のこと、趣味のことなども
書いていきたいと思ってたからです。


でもね、そうすると自分の一番の技を封印されている
ようなもんなんですね。


小橋健太がはじめからムーンサルトプレス封印したまま
試合するぞ!みたいな。それでおもしろいのかと。
青春の握りこぶしも見れないじゃないかと。


しかも色が付くって気にするのは

むしろ自分で自分らしさを消しに
かかってたわけです。
そりゃ力が出るわけがない。

なんというか、自分の感覚でいうと
無難なことまとめようとしてるなあ
と感じてました。


実際歩行介助の話って今まで
後輩にも指導したり
自分が研修会の講師をやったり
してるんで、それで2時間ほどしゃべりたおせる
くらいの内容があるんですよ。
それでもかなり中身削ってそれ。

ただ、研修会としてやる以上
しゃべりと実演に重きを置いていたので
そこでしゃべっていたようなことを
一度きっちり文章としてまとめたいなと思ってました。

でもそれだと上に書いたように色が出すぎる
というのに加えて、
「かなりの分量になるだろうし
いずれnoteにでもまとめるかな
有料コンテンツにできるかもしれんし」
などとケチなことも考えてました。

いや、すでに読者もいて
名前の売れてる人ならそれもいいけど
そもそも読者もいないのに
今ここで自分が一番かけるコンテンツ隠して
どうするんだと。

しかも何より、その研修会も
やるの楽しかったし、
自分としてはいい内容だと
思ってるんで発信したいんですよね。
楽しい気持ちがあるなら出したら
方がいいなと。


ということで
「人間のバランス能力がそもそもどのようにできているのか」
「立位・歩行の介助のコツ」
といったあたりをまとめていくことにしました。


もちろん、ヒントをいただいたことも
記事にしてみるつもりです。



あとこっこさんにイラストは必ず送ります。笑

スポンサードリンク