B級理学療法士の時間

理学療法士から見た社会や介護の今後、仕事について 趣味と実益を兼ねた投資・資産運用などなど

介護崩壊防止法案ってなんだ? 介護保険法改正案との違い

hospice-1794112_640


「介護崩壊防止法案」とはなかなかすごい名前の法案が出たなと思ったら、民進党による議員立法「将来にわたる質の高い介護サービスの提供の確保等のための介護保険法等の一部を改正する法律案」「介護・障害福祉従事者の人材確保に関する特別措置法案」の2法案の通称ということでした。

そういえば法案って長い名前やわかりにくいものを通称で呼ぶんでしたね。

例えば、カジノ法案と呼ばれているIR推進法案も正式名称が「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」らしいです。

それはともかく、介護の現状を改善すべきという大枠はよいとしても、民進党の出した法案であればどこまで反映されるのかはあやしいところです。今日も民進党の長島昭久とかいう議員が離党するとかで会見を開いていましたし。

まあ民進党のことはどうでもいいのですが、通称のインパクトが強かったため名前に釣られました。

そもそもがこの「介護崩壊防止法案」自体が政府提出の「介護保険法改正案」(正式名称「地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」これもまた長い)への対案として出されたものです。


今後のことを考えるにあたってはこちらの政府提出の介護保険法改正案のほうに注目しなければいけません。(平成29年2月7日提出)

第193回国会(常会)提出法律案

厚労省のページに詳しく書いていますがざっとまとめると

1.保険者機能の強化などによる自立支援・重度化防止に向けた取組の支援
制度の持続可能性を維持するために自立支援と重度化防止のために自治体に計画目標を立てさせ、結果に対してインセンティブを付ける

2.新たな介護保険施設の創設
現在の介護療養病床に代わり「介護医療院」という新しい施設の創設

3.地域共生社会の実現に向けた取組の推進
地域住民を地域福祉活動に参加させる
障害児者と高齢者の共生型サービス事業所を位置づける

4.現役世代並みの所得のある者の利用者負担割合の見直し
年金収入などで340万円以上の高齢者の自己負担割合を2割から3割へ

5.介護納付金における総報酬割の導入
国保、共済組合、協会健保などの「加入者数」に応じた負担を「報酬額」に応じた負担に変更

ということになります。

ここから気になる点をいくつか挙げると


要介護認定率を下げる方向に自治体に目標を立てさせ、結果に対してインセンティブまで付ける、といっているのですから、予算削減のために実情が伴わない形で要介護度の認定が今までより厳しくなるかもしれません。
また同じくお金がないからこそ、現役並み所得の高齢者の自己負担割合を3割に引き上げるわけですし、介護納付金の総報酬割りも取れるところから取ろう、ということでしょう。

新しい「介護医療院」という施設形態への移行を促すためにはじめは多少点数的に有利な制度設計にしておいて、次回の改定ではしごを外すという厚労省のお家芸が見られるかもしれません。

地域住民の地域福祉活動への参加を促すというのは自治体が地域福祉計画を策定し、そのもとに地区社協や地域包括支援センター、地域子育て支援拠点、NPO、利用者支援事業などを利用しつつ地域社会の福祉を包括的に連携させようということのようです。
しかし、これは考えると面白いことで、確かに活性化している地域というのは住民自身が集まって独自に色々活動してるものなんですよね。理学療法士としても地域・自治体の抱える問題しだいでは、今までのように医療機関や介護施設にこだわらず地域の課題を解決するために自分たちでもNPOや利用者支援事業などを立ち上げて活動できるかもしれません。それなら、腕に自信のある理学療法士がグレーゾーンで開業しているのとは違った形で事業を起こすことができるかもしれない。

それにちょっと調べてみると、必ずしも理学療法関連ではないですが、色々とおもしろい活動をしているNPOや生活支援事業者があるんですね。
介護保険が制度疲労を起こしていることを考えると、今後そういうところで働くことも視野に入れてもよさそうですね。
町の電器屋が復活してきているのなんかも生活支援事業としての側面があるからですし。


投資や資産運用、副業を考える前に「一生お金に困らない生き方」

bitcoinPAKU6013_TP_V

こないだから何度か投資・資産運用の記事を書いてきました。

クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上

理学療法士の将来に不安がある人へ 投資とか副業とか

しかし、投資・資産運用だとか副業、節約などのテクニック的なことを考える以前にお金に対する心構えから整えた方がよい場合があります。

それは

・そもそも投資にまわすようなお金を用意できない
・カードローンなどでいつも借金を抱えている
・貯金しているはずなのに資産がある一定のラインを超えることがない
といった場合です。


こういう人はお金に対してなんらかのネガティブな考え方や間違った思い込みを抱えている場合があります。

「お金のことばっかりいうのは守銭奴だ」
「お金に困っているほうが仕事へのモチベーションが湧く」
「大金を稼いでいる人間は裏で何か悪いことをしている」
「お金持ちになるにはすごい努力や才能が必要だ」
「”節約は頑張ってするもの”と思っており、一方ストレスからこれくらいは”自分へのご褒美”などといって大して必要でもないものにお金を使ってしまう」

などなどです。


それよりは
「お金が大好きだ」
「自分はお金に縁がある」
と思えているほうが本当はお金が集まってきやすいものです。

まあわざわざ「お金が大好きだ」などとは公言しにくいですけどね。


そういったお金に対する心構えを変えるのにちょうどよいのが僕が好きな心屋仁之助さんの本です。

ちょっと変わったカウンセラーで「常識」的なことは書かれていませんが、豊かだったりお金に縁があったりする人間はこういうものなのだろうなと感じます。

そのため書いてあることのすべてに納得できないかもしれませんが、本に書いてあることのひとつでも実践することで、お金の流れが変わってくることと思います。


今まで投資や副業、節約などの情報を集め、実践もしているつもりなのに現実はあまり変わらない、という人には特にお勧めです。





クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上

UNI16040516IMG_0017_TP_V


理学療法士の投資・副業としてクロス取引をお勧めしていました。

理学療法士の将来に不安がある人へ 投資とか副業とか

2017年3月実際に行ったクロス取引での優待の利回りをまとめます。

今回取引した銘柄は以下のとおりです。

8848 レオパレス21                  58,795円  自社海外ホテル(グアム)無料宿泊券2枚
8697 日本取引所グループ  163,790円 クオカード3,000円
8566 リコーリース        371,264円 クオカード3,000円
8425 興銀リース             246,364円 図書カード3,000円
8081 カナデン               111,690円 クオカード1,000円
7937 ツツミ                  210,624円 クオカード2,000円
7510 たけびし               152,290円 クオカード1,500円 
7164 全国保障             394,764円 クオカード3,000円
6458 新晃工業              162,690円 カタログギフト3,000円相当
6238 フリュー                150,690円 クオカード2,000円 
6151 日東工器              262,264円 図書カード2,000円
1976 明星工業                66,695円 JCBギフトカード1,000円
1417 ミライトホールディングス          113,190円 クオカード1,000円

ということで現物総額2,465,110円分の株を購入です。
同じ分だけ信用取引で売り立てています。
このとき口座に300万円入れていましたが、信用取引の売りたては同じ資金でまかなえます。

ここで得た総額はクオカード、図書カード、JCBギフトカードといった、現金と同じように使える、もしくは換金性が高いものだけで22,500円となります。それプラス、カタログギフト3000円分とレオパレスのグアムでの無料宿泊券です。

自分はカブドットコム証券を利用していますが、この現物と信用の取引に掛かった手数料は5,425円です。
プラス信用取引の売りでは貸株料がかかります。今回すべての銘柄が一般信用の長期であったため年間1.5%です。

本来うまく権利付最終日に購入して権利落ち日に品渡で終了すればこの年利の2/365の額の支払いですむわけですが、この月は権利落ち日が水曜日であったため貸株料のコストが2日分余計にかかります。
これは株式売買の現金の受け渡しが3営業日後であるため水曜日の分が土日をまたいでしまうからです。

さらに銘柄によっては信用売りの在庫が少なくなってきたものがあったため、権利付最終日の2~3日前に売買していたものがあります。
計算が面倒なので全体で6日分掛かった扱いにして
2,465,110×0.015×6/365≒608円
となり手数料と合わせて6,033円のコストが掛かりました。

よって22,500-6,033=16,367円の利益です。
これを2,465,110で割るとおよそ0.00664となり3月だけで0.664%の利益を得られたことになります。
口座に入れた300万円を原資と考えるならおよそ0.546%です。
ここではカタログギフトとレオパレスは実際の価値がわかりにくいので省いていますが、それを加えると0.7%にはなるかと思います。
ともかく、ひと月、実質的には1週間ほどでこの利回りを得られるというのは今ならかなり魅力的ではないでしょうか?

3月決算の企業は特に多いため、どの月でも同じようにできるわけではありませんが、今なら年間でおよそ3%分の利回りを得ることが可能です。


また、うちでは奥さんにも同じようにやってもらっているため、実際にはさらに多くの優待をもらっています。

結婚されている方は資金にある程度余裕があるなら、クロス取引は夫婦で分けて行った方が有利な場合が多いです。それは大抵の銘柄において100株などの単元株での利回りが一番有利になっているためです。
2人で行えばより有利な銘柄を2倍取引できることになります。

ただ、この場合注意が必要なのは、あまり大きな金額を動かすと夫婦間でも贈与とみなされる可能性があるということです。

生活資金は贈与に当たらないので、生活費を夫婦それぞれでいくら受け渡ししようとも問題ないのですが、証券会社に入金したお金を生活資金というには無理があるでしょう。
そしてこれらのお金はマイナンバーで補足されると簡単に当局にわかってしまいます。
贈与税は110万円までは非課税のためそれ以下であれば問題はないですが、基本的にはお金の移動は自分の名義の中だけで行うように注意しましょう。


うちでも自分の口座には自分の稼ぎから、奥さんの口座には奥さんの稼ぎから入金するよう気を付けています。


スポンサードリンク
ブログランキングはじめました
応援いただけると嬉しいです!

理学療法ランキング
ギャラリー
  • 外国人家政婦が来日 外国人技能実習制度の介護の追加と合わせて考える
  • 選挙に行かない若者が根本的に勘違いしていること
  • 介護崩壊防止法案ってなんだ? 介護保険法改正案との違い
  • 投資や資産運用、副業を考える前に「一生お金に困らない生き方」
  • クロス取引による実績 2017年3月度だけで利回りは0.7%以上
  • 外国人技能実習制度に介護が追加されるらしい
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
  •  介護職必見!理学療法士による転倒させない歩行介助のコツ【第三回】(更新中)
本業は理学療法士、資産運用をはじめて15年。現在ブログ運営に挑戦中。ブログビレッジに参加しました!